2016年11月14日

東大ノートをつくる


東大ノートをつくる


文具メーカーのコクヨが、だれが書いても東大ノートになりうるようなノートを、東大生と共同で開発したそうですね。

東大生はノートの罫線が意外に邪魔のようで、それは使い方が制限されるし、なくてもいいくらいだそうです。

結論から言えば、効率的なノートづくりがポイントなので、それを追求したのがドット入り罫線ノートです。


ドット入り罫線ノートは、短い定規でも図とかグラフをきれいにかけるのでとてもいいですし、ドットはそれほど気にならないので、文章の頭揃えに便利なようです。

つまり、ドット入り罫線ノートはかならず美しくかけるのがポイントです。

罫線の上に等間隔にドットが入っているので、縦の罫線があるように使われるし、文頭が揃えられ、図もきれいにかけるのが長所です。

すでに、コクヨで発売されていますので、いちど試してみてはいかがでしょうか。



posted by 知識の泉ガイド at 00:00| ●学習・受験・教育についてのプチ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。